スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『若草物語』

若草物語
1994年/米
115分
原題:Little Women

Directed by
Gillian Armstrong

Writing credits
(WGA)
Louisa May Alcott (novel)

Robin Swicord (screenplay)

Produced by
Warren Carr .... associate producer
Denise Di Novi .... producer (as Denise DiNovi)
Robin Swicord .... co-producer

Original Music by
Thomas Newman

Cinematography by
Geoffrey Simpson (director of photography)

Film Editing by
Nicholas Beauman

Production Design by
Jan Roelfs

Art Direction by
Richard Hudolin

Set Decoration by
Jim Erickson

Costume Design by
Colleen Atwood

Cast
Winona Ryder ... Jo March
Gabriel Byrne ... Friedrich Bhaer
Trini Alvarado ... Meg March
Samantha Mathis ... Older Amy March
Kirsten Dunst ... Younger Amy March
Claire Danes ... Beth March
Christian Bale ... Laurie
Eric Stoltz ... John Brooke
John Neville ... Mr. Laurence
Mary Wickes ... Aunt March
Susan Sarandon ... Mrs. Abigail "Marmee" March
Florence Patterson ... Hannah
Robin Collins ... Carriage Boy
Corrie Clark ... Belle Gardiner
Rebecca Toolan ... Mrs. Gardiner

*****

@TV

伯爵夫人が、たまらんー
スポンサーサイト

『私のように美しい娘』

私のように美しい娘〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選12〕
1972年/仏
原題:Une belle fille comme moi
製作:マルセル・ベルベール
監督:フランソワ・トリュフォー
脚本:フランソワ・トリュフォー/ジャン・ルー・ダバディ
原作:ヘンリー・ファレル
撮影:ピエール・ウィリアム・グレン
音楽:ジョルジュ・ドルリュー
出演:ベルナデット・ラフォン(カミーユ・ブリス)/クロード・ブラッスール(ミュレーヌ弁護士)/シャルル・デネール(アルチュール)/ギイ・マルシャン(サム・ゴールデン(ロジャー))/アンドレ・デュソリエ(スタニスラス・プレヴィン)/アンヌ・クレイス(エレーヌ)/フィリップ・レオタール(クロヴィス・ブリス)/Gilberte Geniat(イザベル・ブリス)/Michel Delahaye(ミシェル)/Daniele Girard(フローレンス・ゴールデン)

*****

@DVD

なかなか辛口(?)のコメディ。
男って、悲しい生き物なんですね…(笑)。

何が凄いって、ベルナデット・ラフォンが、『あばずれ』にしか見えない。
声も、喋り方も、ワインを注ぐ腕の動きさえ、無邪気な『あばずれ』のそれでしかない。
インタビューで喋る彼女とのギャップに驚く。

どうやら、脚本のジャン・ルー・ダバディは、トルシエ監督の通訳だったダバディ氏の父親らしい。

『私の小さな楽園』

私の小さな楽園
2000年/ブラジル
原題: Eu Tu Eles
製作:フラーヴィオ・R・ダンベリーニ/ペドロ・B・デ・オランダ/レオナルド・M・デ・バホス/アンドルーシャ・ワディントン
監督:アンドルーシャ・ワディントン
脚本:エレーナ・ソアレス
撮影:ブレーノ・シルヴェイラ
美術:トニ・ヴァンゾリーニ
音楽:ジルベルド・ジル
衣装:クラウヂア・コブケ
出演:ヘジーナ・カセー(Darlene)/リマ・ドゥアルチ(Osias)/ステーニオ・ガルシア(Zezinho)/ルイス・カルロス・ヴァスコンセロス(Ciro)/ニウダ・スペンサー (Raquel)

*****

私は、現実に、よくある話…だと思うんだけど…。

宣伝には、「観終わったあと、誰もが幸せな気持ちになれること間違いなし」とあった。
どうやら 、私は「誰も」に入らないらしい。

私には、あまり感情が伝わって来なかった。

愛情、打算、環境、肉体。
そういうのを考えると、複雑な気持ちになった。

*****

赤い大地は印象的。

*****

「あなたの子供が出来た」と言うと、手放しで喜ぶ男性を、微笑ましく思った。

『わたしは贈りもの』

1981年/仏
原題:LE CADEAU
製作総指揮:ジルベール・ド・ゴルシュミット
監督・脚本:ミシェル・ラング
撮影:ダニエル・ゴードリー
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:クラウディア・カルディナーレ/ピエール・モンディ/クリオ・ゴールドスミス/ジャック・フランソワ/レンツォ・モンタニャーニ/セシル・マニエ/アンリ・ギーベ/レミ・ローラン/ヨランダ・ジロー/クリストフ・ブルセイエ/デュリオ・デル・プレト

*****

80年代に、フレッド・アステアが好きという若い女性は、珍しいかも…。

何だか収拾がつかないドタバタの後、終わりかと思いきや、もう1つの物語が…。
そっちの話の方が好き。
奥さん、素敵な女性じゃん。

『私は「うつ依存症」の女』

私は「うつ依存症」の女
2001年/米
原題:Prozac Nation
製作総指揮:ウィリ・バール/ダニー・ディンボート/アヴィ・ラーナー/トレバー・ショート/ジョン・トンプソン
製作:R・ポール・ミラー/ガルト・ニーダーホッファー/ブラッド・ウェストン
監督:エーリク・ショルビャルグ
脚本:ガルト・ニーダーホッファー/フランク・ディージー/ラリー・グロス
原作:エリザベス・ワーツェル
出演:クリスティーナ・リッチ(リジー)/ジェシカ・ラング(母親サラ)/アン・ヘッシュ/ジェイソン・ビッグズ(レーフ)/ジョナサン・リース・マイヤーズ/ミシェル・ウィリアムズ(ルビー)/フリーダ・ベトラーニ/ニコラス・キャンベル/ルー・リード

*****

実は、分からないでもない。
泣いてしまった。

でも、周りは、彼女に対してどう接するのが良いのだろう?
私は、どうするんだろう?

レーフの本意は、ちょっと分からなかった。
彼のことを良い様に理解したが、ホントのところはどうなんだろう?

PageTopNext>>

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。