スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少女首狩事件』

2000年/仏
原題:Scenes de crimes
製作:エリック・ネヴェ
監督:フレデリック・シェンデルフェル
脚本:フレデリック・シェンデルフェル/オリヴィエ・ドゥイエール/ヤン・ブリオン
撮影:ジャン・ピエール・ソベール
出演:シャルル・ベルラン/アンドレ・デュソリエ/リュドヴィク・シェンデルフェル/ピエール・モテ/エヴァ・ダルラン/ジェメル・バレク/カミーユ・ジャピ/フレデリック・キラン/エロディー・ナバーレ/ユベール・サン・マカリ/ジャック・ペラン/セルジュ・リアブキーヌ

*****

最悪の邦題(--;)。

「そいつはレイプし、首を切る」なんてコピーも最悪(--;)。
なのに、何故借りたの?(笑)>み

実話をドラマ化したもんなのなんだけど、動機とか過程とか、いまひとつはっきりしないものもある。(私が理解出来てないだけ?)
でも、刑事個人のドラマみたいなものが、興味深い。

最後のシーン、後から考えて、唸っちゃう。
犯人の気持ちが何となく分かる気がする。
でも、でも...。
スポンサーサイト

『マトリックス リローデッド』

マトリックス リローデッド 特別版〈2枚組〉
2003年/米
原題:The Matrix Reloaded
製作総指揮:ブルース・バーマン
製作:ジョエル・シルバー
監督・脚本:アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー
撮影:ビル・ポープ
美術:オーウェン・パターソン
音楽:ドン・デイビス
衣装:キム・バレット
特撮:ジョン・ゲイター/ダン・グラス
出演:キアヌ・リーブス(ネオ)/ローレンス・フィッシュバーン(モーフィアス)/キャリー=アン・モス(トリニティー)/ヒューゴ・ウィービング(エージェント・スミス)/モニカ・ベルッチ(パーセフォニ)/マット・マッコーム/ジェイダ・ピンケット/ランベール・ウィルソン/ハリー・J・レニックス/ノーナ・M・ゲイ/エイドリアン・レイメント/ニール・レイメント/アンソニー・ウォン

*****

@DVD

時間の流れが均一でないアクションは面白いと思う。

バーチャルな画像で表しているけど、実は、ネット内でプログラム破壊合戦をやってるみたいなもん?
そう思うと、やたら派手なアクションが虚しくもある(笑)。

不要になったプログラムが、ソース(ソースって言い方、紛らわしいなぁ...)で自由に活動するというのが面白い。
昔作った古いプログラムで、不要になったものは沢山ある。(そして、今は、もうない)
あるプログラミング言語で、数年前、循環小数を求めるプログラムを作ったっけ...。
多分、ZIP にバックアップが残っているだろう。
思わず、ZIP 内で勝手に循環小数を求めているのをイメージする。
有り得ない。でも、いじましい~。

キアヌ、やっぱ、もうちょっと太めの方が好きっ(^^)。

モニカ・ベルッチ(あいかわらずナイスバディ)のパーセフォニ(=ペルセポネ)って、神話で、連れ去られて、無理矢理妻にされちゃう人よね。
何かを象徴してるのかな?

ハゲてガタイが良いおっさんが、予言者予言者言ってるのを見ると、DS9 を思い出す(^^;)。

結構、笑った。
でも、結構、退屈した。

『リローデッド』については、サイバーパンクとか言うのはやめて欲しい。
SF とも言って欲しくない。
ナンセンスアクション!これでしょ(笑)。

『Finding NEMO』

ファインディング・ニモ
2003年/米
原題:Finding Nemo
製作総指揮:ジョン・ラセッター
製作:グレアム・ウォルターズ
監督・原案:アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン/ボブ・ピーターソン/デビッド・レイノルズ
撮影:シャロン・キャラハン/ジェレミー・ラスキー
出演:アルバート・ブルックス/エレン・デジェネレス/アレクサンダー・グールド/ウィレム・デフォー/ブラッド・ギャレット/アリソン・ジャニー/オースティン・ペンドルドン/スティーブン・ルート/ヴィッキ・ルイス/ジョー・ランフト/ジェフリー・ラッシュ/アンドリュー・スタントン/エリザベス・パーキンス

*****

@機内放映

飛行機の機内で観るのでなければ、きっとディズニーアニメを観ることなんてなかっただろう。

日本語吹き替えがなかったので、英語。それでも大意は伝わったと思う。
予想通りの(ありがちな)展開と、予想通りの結末。

映像は綺麗だと思う。
しかし、眉毛はないんだけど、魚のくせに眉がある(彫りがあるというのだろうか?)のが、妙に気になった。
表情を出すためには仕方ないのかも...。

きっと、こういうお話は、子供に見せたりするんだろう。
でも、私は、多くのアメリカンなキャラクタは美的だとは思わない。
そういうものを小さい時から見続けていると、
「きゃ~!○о○○○○○、かわい~!」
とか言う輩になっちゃうんだよ...(ーー;)ヨクミロ!カワイカナイダロ。

PageTop

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

09 | 2003/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。