スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルール』

ルール デラックス版
1998年/米
原題:Urban Legend
製作総指揮:ブラッド・ラフ
製作:ジーナ・マシューズ/マイケル・マクドネル/ニール・H・モリッツ
監督:ジェイミー・ブランクス
脚本:シルビオ・ホータ
音楽:クリストファー・ヤング
出演:ジャレッド・レト/アリシア・ウィット(ナタリー)/レベッカ・ゲイハート/ジョシュア・ジャクソン/ナターシャ・グレグソン・ワグナー/ロレッタ・ディヴァイン/タラ・リード/マイケル・ローゼンバウム/ダニエル・ハリス/ジョン・ネヴィル/ロバート・イングランド/ジュリアン・リッチングズ

*****

直球勝負!
あぁ、ドキドキしたぁ~(^^;)。
スポンサーサイト

『モニカ・ベルッチのエッチなだけじゃだめかしら?』

モニカ・ベルッチのエッチなだけじゃダメかしら?
1992年/伊
原題:OSTINATO DESTINO STUBBORN FATE
監督:フランコ・アルバノ
出演:モニカ・ベルッチ(マリーナ&アンジェラ)/アレッサンドロ・ガスマン(マルチェロ)/アンジェラ・フィノチアノ(ルクレチア)

*****

エッチじゃなかった。
エロエロなモニカ・ベルッチを期待したのに…(笑)。

ヨーロピアンなラブ・コメディ。
それなりに楽しく、それなりにつまらない(笑)。

『サンタが殺しにやってくる』

1981年/米
原題:Christmas Evil
監督:ルイス・ジャクソン
出演:ブランドン・マガート/スコット・マッケイ

*****

サンタ、おたく系。イタい。

意外と笑った。

ところで、何故、今、サンタ?>み

『スノーホワイト』

スノーホワイト
1997年/米
原題:The Grimm Brother's Snow White
製作総指揮:ロバート・W・コート/テッド・フィールド/スコット・クルーフ
製作:トム・エンゲルマン
監督:マイケル・コーン
脚本:デボラ・セラ/トーマス・E・ソローシ
原作:ヤーコブ・グリム/ヴィルヘルム・グリム
出演:シガニー・ウィーバー/サム・ニール/モニカ・キーナ/ギル・ベロウズ/デビッド・コンラッド/ブライアン・プリングル

*****

どう考えても、わがまま娘のリリーよりも、シガニー・ウィーバーが可哀想(;_;)。
継娘のリリーは懐かないし、愛する夫は娘の中に前妻の影を追うし、やっと出来た子供は死産だし、そりゃ狂うわな。

『私は「うつ依存症」の女』

私は「うつ依存症」の女
2001年/米
原題:Prozac Nation
製作総指揮:ウィリ・バール/ダニー・ディンボート/アヴィ・ラーナー/トレバー・ショート/ジョン・トンプソン
製作:R・ポール・ミラー/ガルト・ニーダーホッファー/ブラッド・ウェストン
監督:エーリク・ショルビャルグ
脚本:ガルト・ニーダーホッファー/フランク・ディージー/ラリー・グロス
原作:エリザベス・ワーツェル
出演:クリスティーナ・リッチ(リジー)/ジェシカ・ラング(母親サラ)/アン・ヘッシュ/ジェイソン・ビッグズ(レーフ)/ジョナサン・リース・マイヤーズ/ミシェル・ウィリアムズ(ルビー)/フリーダ・ベトラーニ/ニコラス・キャンベル/ルー・リード

*****

実は、分からないでもない。
泣いてしまった。

でも、周りは、彼女に対してどう接するのが良いのだろう?
私は、どうするんだろう?

レーフの本意は、ちょっと分からなかった。
彼のことを良い様に理解したが、ホントのところはどうなんだろう?

『バタフライ・キス』

バタフライ・キス
1995年/英
原題:Butterfly Kiss
製作:ジュリー・ベインズ
監督:マイケル・ウィンターボトム
脚本:フランク・コトレル・ボイス
出演:アマンダ・プラマー/サスキア・リーブス/デス・マッカリー/カティ・ジェイミソン/リサ・ジェイン・ライリー/フリーダ・ドウイ

*****

心が痛い(;_;)。

『スタン・ザ・フラッシャー 露出狂とロリータ』

1990年/仏
製作:フランソワ・ラバール
監督・脚本・音楽:セルジュ・ゲンズブール
撮影:オリビエ・ゲノー
出演:クロード・ベリ(スタン)/エロディ・ブーシェ(ナターシャ)/オーロール・クレマン(オーロール)/リシャール・ボーランジェ/ミシェル・ロバン(囚人)

*****

最後はなかなか切ない絵柄だし、エロディ・ブーシェはいかにもフレンチ・ロリータだが...。
いまいち、感情が伝わって来ない。
単なる変態の話で終わった感あり。

言わんとしていることは何となく分からないでもないが、セルジュ・ゲンズブールの遺作は、自己満足で終わったって感じ。

『ドリームキャッチャー』

ドリームキャッチャー 特別版
2003年/米・カナダ
原題:Dreamcatcher
製作総指揮:ブルース・バーマン
製作:ローレンス・カスダン/チャールズ・オークン
監督:ローレンス・カスダン
脚本:ウィリアム・ゴールドマン/ローレンス・カスダン
原作:スティーブン・キング
出演:モーガン・フリーマン(エイブラハム・カーティス大佐)/トーマス・ジェーン(ヘンリー)/ジェイソン・リー(ビーヴァー)/ダミアン・ルイス(ジョーンジー)/ティモシー・オリファント(ピート)/トム・サイズモア(オーウェン将校)/ドニー・ウォールバーグ(ダディッツ)

*****

@DVD

期待してたの。
怖そうだけど、面白そうって...。

キャッチコピーの「見せてあげよう。見たことを後悔するものを。」
後悔したとも(;_;)。

これが真に成功した初めてのホラーサスペンスと言うスティーブン・キング。
事故でイカれちゃった?(;_;)

アイ,ダディッツ。
i,ROBOT?

ここまで酷いなんて...。
号泣。

『コール』

コール
2002年/米・独
原題:Trapped
製作総指揮:グレン・バラード/マーク・カントン/ニール・キャントン/リック・ヘス/ハンノ・ヒュース
製作:ルイス・マンドーキ/ミミ・ポーク
監督:ルイス・マンドーキ
原作・脚本:グレッグ・アイルズ
出演:シャーリズ・セロン/コートニー・ラブ/スチュアート・タウンゼンド/ケビン・ベーコン/ダコタ・ファニング/プルイット・テイラー・ヴィンス/スティーブ・ランキン/ゲイリー・チョーク/コリーン・キャンプ/ジョディ・マーケル/マット・コビー/ジェリー・ベッカー

*****

期待していただけに、がっかり(;_;)。

何で、皆、そうエキサイトするかなぁ?

『パルプ・フィクション』

パルプ・フィクション
1994年/米
原題:Pulp Fiction
製作総指揮:ダニー・デビート/マイケル・シャンバーグ/ステイシー・シェア
製作:ローレンス・ベンダー
監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
原案:クエンティン・タランティーノ/ロジャー・エイバリー
出演:ジョン・トラボルタ(ヴィンセント)/サミュエル・L・ジャクソン(ジョールス)/ユマ・サーマン(ミア)/ブルース・ウィリス(ブッチ)/ハーベイ・カイテル/ティム・ロス/アマンダ・プラマー/ロザンナ・アークェット/マリア・デ・メディロス/ヴィング・レームズ/エリック・ストルツ/クリストファー・ウォーケン/クエンティン・タランティーノ/スティーブ・ブシェーミ

*****

すげー!

『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち デラックス版(初回限定2枚組仕様)
2004年/仏
原題:Les Rivieres Pourpres2-les Anges De L`apocalypse/The Crimson River 2: Angels of the Apocalypse
製作:アラン・ゴールドマン
監督:オリビエ・ダアン
脚本:リュック・べッソン
音楽:コリン・タウンズ
衣装:シャトゥーネ
出演:ジャン・レノ(ニーマンス)/ブノワ・マジメル(レダ)/クリストファー・リー(サルマン)/カミーユ・ナッタ(マリー)/ジョニー・アリディ/ガブリエル・ラズール/アゴスティナ・ルグラン

*****

@シネプレックス

私は、リュック・ベッソンには期待していない。
期待しなくて良かった(^^)。
設定は疑問が多いし、最後はバタバタ。
ちょっとハリウッド臭さを感じた。

とは言え、期待してなかったせいか、意外と面白かった。

ブノワ・マジメル、良い感じ~(^^)。

『完全犯罪 PERFECT CRIMES』

1995年/米
TV シリーズ
原題:PERFECT CRIMES
製作総指揮:シドニー・ボラック
監督:キーファー・サザーランド『堕ちた男』/ティム・ハンター『恐怖の行方』/マイケル・レーマン『行き止まり』
原作:エヴァン・ハンター/ダシール・ハメット/ブルーノ・フィッシャー
出演:『堕ちた男』キーファー・サザーランド/ダニー・グローバー/メッチェン・エイミック/エドワード・バンカー/ジョナサン・シェック/
『恐怖の行方』クリストファー・ロイド/ローラ・サン・ジャコモ/ピーター・バーグ/マイケル・ルーカー/アーノルド・ヴォスルー/ジャック・チボー/クリスティン・ミンター/ダーレン・マクギャヴィン/
『行き止まり』ダナ・デラニー/ウィリアム・ピーターセン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ベニチオ・デル・トロ/アダム・ボールドウィン


*****

『堕ちた男』LOVE AND BLOOD
『恐怖の行方』FLY-PAPER
『行き止まり』GOOD HOUSEKEEPING

邦題がいまいち。

短編の推理小説を読んだ気分。
面白かった♪

『アンルーリー ~復讐の街~』

アンルーリー~復讐の街~
1998年/仏
原題:UNRULY
監督・脚本:フィリップ・ベレンジェ
出演:ヴァンサン・カッセル(ピトゥ)/モニカ・ベルッチ/エンリコ・ロー・ヴェルソ/リシャール・ボーランジェ/ジルベール・メルキ

*****

面白いのか、面白くないのかよく分からなかった。

出演者は、なかなかなのに(特にリシャール・ボーランジェ)、何故?
なんだか、とても残念な感じ...(;_;)。

『ロスト・チルドレン』

ロスト・チルドレン
1996年/仏・スペイン
原題:La Cite des enfants perdus/The City of Lost Children
製作:クローディ・オサール
監督:ジャン・ピエール・ジュネ
脚本:ジル・アドリアン/ジャン・ピエール・ジュネ/マルク・キャロ
撮影:ダリウス・コンディ
音楽:アンジェロ・バダラメンティ
衣装:ジャン・ポール・ゴルチエ
出演:ロン・パールマン(ワン)/ジュディット・ビッテ(ミエット)/ドミニク・ピノン/ジャン・クロード・ドレフュス

*****

この世界、凄い~!最高~!
鳥肌がたつほど、好き~!

ジュディット・ビッテ、この年でこの美貌って、有りですか?

『サムソンとデリラ』

1996年/独・伊・米
原題:Samson and Delilah
製作総指揮:ジェラルド・ラフショーン 
製作:ロレンツォ・マイノリ/エレオノラ・アンドレアッタ/ルカ・ベルナベイ/ハインリッヒ・クラウス
監督:ニコラス・ローグ
脚本: アラン・スコット
出演:デニス・ホッパー(タリク将軍)/エリザベス・ハーレイ(デリラ)/エリック・タール(サムソン)/マイケル・ガンボン/ダイアナ・リグ/ダニエル・マッセイ/ポール・フリーマン/ベン・ベッカー

*****

『士師記』のサムソンとデリラ。
歌劇は観たことないし、古い映画も観たことない。

悪くはなかった。
まあ、こんなもんでしょって感じ。

『ガーターベルトの夜』

1984年/仏
原題:La Nuit Porte Jarretelles
監督・脚本:ビルジニー・テブネ
音楽:ミカド/アンドレ・ドゥメ
出演:ジュザベル・カルピ(ジュザベル)/アリエル・ジュネ(アリエル)/キャロリーヌ・ローブ/エヴァ・イオネスコ/ドミニク・ベネアール/アリエル・ドンバール

*****

えっと、私はこんなことまではやってないわよっ!

『サム・サフィ』が観たいっす(;_;)。

『サンタ・サングレ -聖なる血-』

サンタ・サングレ 聖なる血
1989年/伊・メキシコ
原題:Santa sangre
製作:クラウディオ・アルジェント
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー/クラウディオ・アルジェント/ロベルト・レオーニ
出演:アクセル・ホドロフスキー/ブランカ・グエッラ/ガイ・ストックウェル

*****

サイコで切ない二人羽織。
グロくて美しい。

書きたいことは沢山あるが、敢えて、割愛。

見りゃ分かる。見にゃ分からん。

PageTop

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

05 | 2004/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。