FC2ブログ

『欲望という名の電車』

欲望という名の電車 オリジナル・ディレクターズカット
1951年/米
原題:A Streetcar Named Desire
製作:チャールズ・K・フェルドマン
監督:エリア・カザン
脚本:テネシー・ウィリアムズ/オスカー・ソール
原作:テネシー・ウィリアムズ
撮影:ハリー・ストラドリング
音楽:アレックス・ノース
出演:ビビアン・リー(ブランチ・デュポア)/マーロン・ブランド(スタンリー・コワルスキー)/キム・ハンター(ステラ・コワルスキー)/カール・マルデン(ミッチ)/ルディ・ボンド(スティーブ)/ニック・デニス(パブロ)/ペグ・ヒリアス(ユーニス)/ライト・キング(A Collector)/リチャード・ギャリック(A Doctor)/アン・デア(The Matron)/エドナ・トーマス(The Mexican Woman)/ミッキー・カーン(A Sailor)

*****

@DVD

怖かった。
とにかく怖かった。

ブランチの顔も怖かった。って、おい!(--;)

なるほど、名作。
うまく言えないが、気持ちの裏側の悲哀みたいなのを感じた。
いろんなものが、心に突き刺ささるような感じ。
そういうところが怖かったのかも。

>>>>>(ネタバレ)>>>>>

今回観たのは、ディレクターズカット。
DVD のプロダクション・ノートによると、ブランチの死んだ夫はホモセクシャルで、それがブランチを色情狂にしたという話の裏もあったらしい。
また、ラストで、スタンリーがブランチをレイプするシーンは、オリジナル版では、かなり切り刻まれているとのこと。


<<<<<

欲望という名の電車に乗り、墓場に乗り換えて、エリジアン・フィールズ(極楽)という町へ…。
電車の名も通りの名も、ニューオリンズに実在していたらしい。

気になったので、調べてみたら、この頃、ビビアン・リーは38歳。
そうなのか…。
スポンサーサイト

『昼顔』

昼顔
1966年/仏
原題:Belle De Jour
製作:レイモン・アキム/ロベール・アキム
監督:ルイス・ブニュエル
脚本:ルイス・ブニュエル/ジャン・クロード・カリエール
原作:ジョゼフ・ケッセル
撮影:サッシャ・ヴィエルニー
美術:ロベール・クラベル
衣装:イヴ・サンローラン
出演:カトリーヌ・ドヌーブ(セヴェリエーヌ)/ジャン・ソレル(夫ピエール・セリジー)/ジュヌビエーブ・パージュ(アナイス)/ミシェル・ピコリ(アンリ・ユッソン)/ピエール・クレマンティ(マルセル)/マーシャ・メリル(ルネ)/ベルナール・フレッソン

*****

@DVD

>>>>(ネタバレ)>>>>>

何をどう解釈するかを、観る側にまかせた、フレンチ・シネマ的なラスト。
解釈に苦しむが、勝手に解釈するしかない。
しかし、シテヤラレタ…という感じが残る。

ジョゼフ・ケッセルも、ルイス・ブニュエルも、男性だよね?
なのに、この想像力(=妄想)は、どうだろう?
女性のそれに思える。


<<<<<

カトリーヌ・ドヌーブの下睫は、私の上睫くらいある。

衣装が、昔のイメージのイヴ・サン=ローランだった。

猫の名前が、Bell de nuit というのは、かなり可愛い。

PageTop

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

11 | 2004/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード