スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『es[エス]』

es[エス]
2001年/独
原題:Das Experiment
製作総指揮:フィリップ・エーフェンカンプ
製作:マルク・コンラート/ノルベルト・プロイス/フリードリッヒ・ヴィルトフォイアー
監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
脚本:ドン・ボーリンガー/クリストフ・ダルンシュテット/マリオ・ジョルダーノ
撮影:ライナー・クラウスマン
出演:モーリッツ・ブライブトロイ(タレク)/クリスティアン・ベッケル(シュタインホフ)/オリバー・ストコウスキ/ヴォータン・ヴィルケ・メーリンク/ユストゥス・フォン・ドーナニー/ティモ・ディールケス/ニッキ・フォン・テンペルホフ/アントワーヌ・モノーJr./エドガー・セルゲ/アンドレア・サバスキ/マレン・エッゲルト

*****

@DVD

原題は『Das Experiment』。そのまんま実験。
邦題の『es[エス]』は、何かズレてる気がするのは、気のせい?

1971年、スタンフォード大学でジンバルドーが行った「監獄実験」を元にした映画らしい。
元になった実験の詳細は知らないが、脚色はかなり入っていると思う。

実際の実験も、2週間の予定だったが、7日目で中止になり、現在も、裁判が続いているらしい。
(アメリカでは上映禁止らしい。)

でも、「ナチ野郎!」みたいな台詞とかがピッタリくるし、「アイヒマン実験」のアイヒマンを思い出すと、ドイツであることが、妙にリアルに感じる。

この実験って、やってみなくても結果は予想出来ないかなぁ?と思ったら、
どうやら(未確認だが)、30年前のアメリカでは予想できなかったらしく、最初は、何故、刑務所は殺伐としてるかを探るのが目的だったらしい。
確かに、ドイツや日本だったら、予想できそうだもん。
今となっては、アメリカでも予想できるけど...(--;)。

脚色が入っていることを考えると、『CUBE』っぽい感じ。(シチュエーションものと言うらしい)

R指定にしなくて良いんだろうか...?

凄く面白かったし、大変興味深い。
画像も綺麗で、粗いけど凝ってるって感じ。
でも、恋愛ドラマはいらん。

DVD で観たので、未公開シーン等もあった。
それも一緒に楽しめたし、未公開の面接シーンでは、人物像が掴めて面白かった。

主人公のタレク(モーリッツ・ブライプトライ)は、『ラン・ローラ・ラン』(1998年/独)にも出てたらしいが、ど、どこに...?(^^;)(←顔の区別がついてない?)

恋人のマニだったらしい。はっ!ホントだ...(゚゚;)。

『アンナ・オズ』PageTop『CUBE IQ』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/385-fc8a7b84

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。