スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『死にたいほどの夜』

1997年/米
原題:The Last Time I Committed Suicide
監督・脚本:スティーブン・ケイ
原作:ニール・キャサディ
撮影:ボビー・ブコウスキー
出演:トーマス・ジェーン(ニール・キャサディ)/キアヌ・リーブス(ハリー)/エイドリアン・ブロディ/クレア・フォラーニ/グレッチェン・モル

*****

ビート・ジェネレーションの象徴「路上」のモデルと言われる、ニール・キャサディの手紙を元にした映画らしい。
でも、私、ビート世代っちゅーもんを知らんし...(^^;)。
勿論、キアヌにつられて観た訳だが、そんなのは無視して、青春映画として十分楽しめた。

以前から言っていたのだが、キアヌは悪役っぽいのがよく似合う。
30歳も越えているのに、球突き屋に入り浸り、酒を飲み、女を口説くだらしないハリー。
その夜の彼は、実に悪魔的で、でも憎めない可愛い奴だ。
何とも言えない、その妙な存在感。
スピード2を蹴って出演したそうだが、キアヌよ、それは正しい選択だ!
(私は、スピードはいまいちだと思ってるし...(^^;))

全体的に、男性って可愛い、女性って悲しいと思った。
いや、逆か...?

音楽が、また無茶苦茶良い!
実に味わい深いシーンが多い。
私は、この映画が好きだと言える。

『アメリカン・サイコ2』PageTop『ロード・オブ・ザ・リング』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/446-5c5838cd

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。