スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『CUBE2』

CUBE2 キューブ 2 特別版
2002年/カナダ
原題:Cube2:Hypercube
製作総指揮:ピーター・ブロック/マイケル・パセオネック
製作:アーニー・バーバラッシュ
監督:アンジェイ・セクラ
脚本:ショーン・フッド/アーニー・バーバラッシュ/ローレン・マクラフリン
原作:ショーン・フッド
出演:ジェラント・ウィン・デイビス/カリ・マチェット/ニール・クローン/マシュー・ファーガソン/バーバラ・ゴードン/リンゼイ・コネル/グレース・リン・カン/ブルース・グレイ/フィリップ・エイキン

*****

気になったのは、制作費(笑)。
相変わらず、セット代はそんなにかかってなさそうだけど、今回は、CG 多用で高かったかも。
CG 自体は、ちゃちいけど。

前作より人物像がはっきりしてない。
個性が出てこない。
cube に閉じ込められるストレスであらわになるはずの本性が出て来ない。
それが出てなきゃ、面白くないじゃん。
唯一、探偵だけか?
代わりに、cube の謎ときに終始するのかと思いきや...。

>>>>>(ネタバレ)>>>>>

Hypercube(4次元多面体) の設定が、何だか情けない。
時間ではない空間的な4次元目と言いつつ、時間が云々。あれ~?
しかも、揃いも揃って、平行現実の存在を受け入れちゃうなよ。君らのアイデンティティは?
壁が波打つのを見た後、壁にもたれかかるなよ。

前作にあった、移動する緊張感が、今回はなかった。
移動しても別に何もないし、死んでも生きてるし、生きてても無視(ミイラ化)されるし...。

ドアが閉まれば、別の cube に出ることが分かってるんだから、何も毎回反対側のドアから出なくても良いんじゃないか?とか、妙に気になった。

サーシャの背景については、容易に想像がついてしまう。

折角、数字を書いて行ってたのも活用出来てない。
空のアタッシュケースに意味がない。
選ばれた人の必然性も分からない。
ぐるぐる回る、あの四角は何?
で、結局は収拾がつかなくなったか、縮んじゃうし。

ラストは意外だった。が、酷いな...(--;)。
ノーベル賞候補が、あれだけ計算して得た結果がそれかよ。
ペンダントの先のものを得るのが目的なら、Hypercube にぶちこむ前に取り上げちゃえよ!
他の奴らを巻き込むなよ。

<<<<<

CUBE と銘うった他の便乗作品じゃなくて、本当の続編というので期待していただけにがっかり。
監督違うし、便乗作品よりはマシという程度。

『ナインスゲート』PageTop『NOVO ノボ』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/466-c598ddf8

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。