スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ソフィー・マルソーの愛人日記』

1991年/仏
原題:La Note Bleue
製作:マリ・ロール・レール
監督・脚本:アンジェイ・ズラウスキー
撮影:アンジェイ・ヤロセウィック
出演:ソフィー・マルソー(ソランジュ)/マリー・フランス・ピジェ(ジョルジュ・サンド)/ヤヌーシュ・オレイニチャク(フレデリック・ショパン)/フェオドール・アトキン

*****

酔って借りて来たらしい。

最後まで真剣に観続けることが出来ませんでした(--;)。
ショパンの曲は、まあ良いとして、何だか、酔っぱらいばっか出て来るんだもん(笑)。

ジョルジュ・サンドって『愛の妖精』くらいしか知らないけど、ファデットは本人がモデルじゃないの?(違うかも)
なのに、この映画の中のジョルジュ・サンドは痛いよなぁ。

ちなみに、監督・脚本のアンジェイ・ズラウスキーは、かの『ポゼッション』の監督(^^;)。

『ダスト』PageTop『カサノバ』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/658-1e231df8

「愛人日記」

愛人日記『愛人日記』(あいじんにっき)は、1991年にフランスで製作された映画。ビデオ・タイトルは『ソフィー・マルソーの愛人日記』。フレデリック・ショパンの半生を綴った映画で、ショパンとジョルジュ・サンドと、サンドの娘ソランジュの関係を中心に描く。イワン・ツ

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。