スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ポーラX』

ポーラX
1999年/仏・独・日・スイス
原題:Pola X
製作 ブリュノ・ペセリ
監督 レオス・カラックス
脚本 レオス・カラックス/ジャン・ポール・ファルジョー
原作 ハーマン・メルヴィル
撮影 エリック・ゴーティエ
音楽 スコット・ウォーカー
出演 ギヨーム・ドパルデュー(ピエール・ヴァロンブローズ)/カテリーナ・ゴルベワ(イザベル)/カトリーヌ・ドヌーブ(マリー(母))/デルフィーヌ・シュイヨー(リュシー)/ローラン・リュカ(ティボー(従兄))/パタシュー(マグリット(編集者))/ペトルータ・カターナ(ペトルーシャ)/ミハエラ・シラギ(子供)/シャナス・バルタス(チーフ)/サミュエル・デュピュイ(フレッド(リュシーの弟))/
マティアス・ムレキュズ (TVプレゼンタ)/ディーヌ・スーリ (タクシードライバー)/ミゲル・イエコ(オーギュスト)/キレディーヌ・メジュービ(カフェオーナーの息子)/Mark Zak(Romanian friend)/Anne Kanis(チーフの妻Anne Richter)

*****

原作はハーマン・メルヴィルの小説『ピエール』。

『汚れた血』『ポンヌフの恋人』を観たのは、もう5年以上も前かな…。
小説の映画化ということもあってか、それらとは随分イメージが違う。
泣く準備をしてから観たのに…(笑)。

夜の森の中で、イザベルがたどたどしい仏語で語るシーンが、凄い。
特に、前半での、明るいシーンと暗いシーンの対比は印象的。
暗闇の中でのエッチシーンも。

サラエボ戦争、難民…それが身近に感じるヨーロッパの人々の感じ方は、勿論、私には出来ない。
でも、イザベルを姉ではなく、妻ということにしたということとかが、ふぅむ…と思ってしまった。

『24 -TWENTY FOUR- シーズン III』Vol.9~10PageTop『ラストタンゴ・イン・パリ』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/685-fd5a9db4

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。