スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミナ』

1993年/仏
原題:MINA TANNENBAUM
製作:ジョルジュ・ブナユン
監督・脚本:マルティーヌ・デュゴウソン
撮影:ドミニク・シャピュイ
音楽:ピーター・チェイス
出演:ロマーヌ・ボーランジェ(ミナ・タネンバーム)/エルザ・ジルベルスタイン(エテル・ベネギ)/ジャン・フィリップ・エコフェ(ジャック・ダナ)/ニルス・タヴェルニエ(フランソワ)/ステファンヌ・スリマ(ディディエ)/エリック・デュフォス(セルジュ)

*****

友情にスポットが当てられているように思うけど、まあ、女性同士なら、ありがちなことかなぁと…。
エテルとの友情という1つの側面でとらえたミナの人生を描いているけれど、それだけではないということは、従妹の台詞が意味するところだと思う。
とても深い。

友情自体よりも、それによる彼女達各々の感情の描写や、生き方が興味深かった。
殊に、ミナの生き方については、胸が締め付けられる思いがした。

>>>>>(ネタバレ)>>>>>

自殺する直前のミナの状況を見て、「あ、やばい。私、まさしくこういう状態だわ…」と思ってしまった。
それだけに、自分のことを観ているようで、凄く切なく、苦しかった。


<<<<<

レイコ・エイルスワースPageTop『浴室』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/698-a8b836f5

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。