スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『42丁目のワーニャ』

1994年/米
原題:Vanya on 42nd Street
製作:フレッド・バーナー
監督:ルイ・マル
脚本:デビッド・マメット
原作:アントン・チェーホフ
撮影:デクラン・クイン
美術:ユージーン・リー
音楽:ジョシュア・レッドマン
出演:ウォーレス・ショーン(ワーニャ)/ジュリアン・ムーア(エレーナ)/ブルック・スミス(ソーニャ)/ラリー・パイン(アストロフ医師)/ジョージ・ゲインズ(セラリアコフ教授)/リン・コーエン(ママン)/フィービー・ブランド(ナニー)/ジェリー・メイヤー(ワッフル)/アンドレ・グレゴリー(本人)/マドハール・ジャフリー(ミセス・チャオ)

*****

ワーニャ伯父さん
アントン チェーホフ 小田島 雄志

by G-Tools


チェーホフの『ワーニャ伯父さん』の舞台が、映画になっている。

エンドロールに、
1989年 A・グレゴリーは俳優を集め、廃館となった42丁目のビクトリー劇場で上演未定のまま、断続的に稽古を敢行。これを、1994年、L・マルが映画化
(撮影場所は、ニューヨーク42丁目のニュー・アムステルダム劇場)
とあった。

ルイ・マルの遺作らしい。
図らずも、遺言ともとれる言葉が込められているように感じた。

*****

寡聞にして、原作を読んだことがない。
良かった点もあり、不満な点もあるが、それが原作によるものか、舞台によるものか、映画だからなのかは分からない。

1幕目は、「ん?何?もしかして退屈な話なの?」って感じだったが、2幕目後半辺りから、かなり引き込まれた。

1幕目がそんな状態だったせいか、結果、設定を全部把握出来たのは、ラストシーン近く…(^^;)。

ラストシーンでの、ソーニャの台詞とか、興味深いものがあった。
宗教的なものもあるのかも知れない。
私は、彼等の様に生きることは出来ないが、学ぶことは多い。
環境や考えは違っても、各々が各々の人生を生きている点は、同じだと思う。

『キス★キス★バン★バン』PageTop『ブロンドと柩の謎』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/705-1c25051a

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。