スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シービスケット』

シービスケット プレミアム・エディション
2003年/米
原題:Seabiscuit
製作総指揮:ゲーリー・バーバー/ロジャー・バーンボーム/ロビン・ビッセル/トビー・マグワイア/アリソン・トーマス
製作:キャスリーン・ケネディ/フランク・マーシャル/ゲイリー・ロス/ジェーン・シンデル
監督・脚本:ゲイリー・ロス
co-producer ・line producer :パトリシア・チャーチル
原作:ローラ・ヒレンブランド
撮影:ジョン・シュワルツマン
美術:ジャニーン・クローディア・オップウォール
音楽:ランディ・ニューマン
衣装:ジュディアンナ・マコフスキー
出演:デヴィッド・マックロー(ナレーター)/ジェフ・ブリッジズ(チャールズ・ハワーズ)/クリス・クーパー(トム・スミス)/マイケル・エンサイン(蒸気自動車のオーナ-)/ジェームズ・キーン(自動車の客)/ヴァレリー・マハフェイ(アニ・ハワーズ)/デヴィッド・ドティ(Land Broker)/キングストン・デュクール(Carl M. Craig)(サム)/マイケル・オニール(ポラード氏)/アニー・コーレイ(ポラード夫人)/マイケル・アンガラノ(若い時のレッド・ポラード)/キャメロン・ボウエン(ポラードの子供)/Noah Luke(ポラードの子供)/Mariah Bess(ポラードの子供)/Jamie Lee Redmon(ポラードの子供)/エド・ローターチャールス・ストラブ)/ジャンニ・ルッソ(アルバート・ジャンニーニ)/サム・ボトムズ(ブロジェット氏)/トビー・マグワイア(ジョニー・レッド・ポラード)/ロイス・D・アップルゲート(ダッチ・ドゥーガン)/ディラン・クリストファー(フランキー・ハワード )/エリザベス・バンクス(マーセラ・ハワーズ)/Michelle Arthur(マーセラの友達)/ゲイリー・スティーブンス(ジョージ・アイスマン・ウルフ)/ダニー・ストロング(若い騎手)/カミリア・サネス(Molina Rojo Woman)シェイ・デュフィン(サニー・フィッツシモンズ)ウィリアム・H・メイシー(ティック・トック・マクグローリン)/ジェイ・コーヘン(ラッパ吹き)/Frank Mirahmadi(サンタアニタのの実況アナウンサー)/ピーター・ジェイソン(マックス(リポーター))/ジョン・ウォルカット(ロイ(リポーター))/Tony Volu(レースの予想屋)/ジェームズ・デュモン(ルイス(リポーター))/ロビン・ビセル(Horace Halsteder)/エディ・ジョーンズ(サミュエル・リドル)/Paige King(ティック・トックの効果音係)/クリス・マッキャロン(チャーリー・カートシンガー)/ゲイリー・ロス(ピムリコの実況アナウンサー)/パット・スキッパー(シービスケットの獣医)/ケン・マギー(カリフォルニアの医師)/Gary Hacker(Horse Vocals)/
ロイド・キャトレット(ブラックスミス)

*****

@DVD

レースのシーンが詳細で、凄いと思った。

実話がベースとは言え、優等生的な内容。
でも、良いと思う。
挫折と葛藤。
シービスケットを通して結ばれる人間関係。
そして成功。
熱くなって努力すれば、必ず報われた時代だったのかも知れない。

映画そのものよりも、以前、大好きだった競走馬の最後のレース(屈腱炎で失速)のことを思い出して、泣きそうになってしまった。

>>>>>(ネタバレ)>>>>>

マッチレースで勝ったシーンで、思わずガッツポーズをしてしまった(^^;)。

昔は、斜行ってなかったの?

*****

レッドの父親、生活が立ち行かなくなってレッドと別れることを選ぶんだけど、最後に本を渡すのが良い。


<<<<<

トビー・マグワイア、初めて見ると思ったら、以前、『キャッツ&ドッグス』(2003年1月頃鑑賞?記録なし)で見ていたみたい(^^;)。
ホントに、顔を覚えるの苦手なの(;_;)。
『25時』などで、製作(顔は見られないけど)もしているらしい。

『ニューオーリンズ・トライアル 陪審評決』PageTop『ロスト・イン・トランスレーション』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/723-f03029c0

シービスケット (2003/米)

SEABISCUIT 監督: ゲイリー・ロス出演: トビー・マグワイア ジェフ・ブリッジス クリス・クーパー エリザベス・バンクス ウィリアム・H・メイシー 大恐慌時代さなか、一頭のの馬をめぐる3人の男たちの物語。最愛の息子を交通事故で亡くし、妻にも去られてしまった自

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。