スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブエノスアイレスの夜』

ブエノスアイレスの夜
2001年/スペイン・アルゼンチン
原題:Vidas Privadas
製作総指揮:フィト・パエス/アレハンドロ・クランシー
監督:フィト・パエス
脚本:フィト・パエス/アラン・パウルス
撮影:アンドレス・マッソン
音楽:フィト・パエス/へラルド・ガンディーニ
出演:セシリア・ロス (カルメン・ウランガ)/ガエル・ガルシア・ベルナル(グスタボ・"ガーナ"・ベルトリーニ)/ルイス・シエンブロウスキー(Alejandro Rossemberg)/チュンチューナ・ヴィラファーネ(Sof誕 Uranga)/リト・クルス(ロドルフォ・ベルトリーニ)/エクトル・アルテリオ(カルメンの父)/ドロレス・フォンシ(アナ・ウランガ)

*****

@DVD

前衛的(?)で、いかにも…って感じの音楽、何とかなりませんか?
ここぞという場面で、ピアノがポーン、バイオリンがキュー。
ウザいんですけど…(--;)。

話は悪くはないと思うんだけど、疑問がいっぱい。
>>>>>(ネタバレ)>>>>>
アナが何も知らなかったのは、何故?
グスタボがカルメンを好きになったのは、何故?
カルメンが自殺したのは、何故?
グスタボが父親を撃ったのは、何故?

どれも必然性がない気がする。

好きになるのに、必然性はないとは思うが、彼女に惹かれる何かがあったという訳でもないと思うのだが…。
ドアの向こうで命令口調で一人エッチしてる顔も知らないおばさんってだけじゃん。

<<<<<

単に、私が分かってないだけなのか、それとも描き切れてないのか…。

2005年上半期統計PageTop『ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/791-95bc6131

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。