スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シリアル・ママ』

1994年/米
原題:Serial Mom
製作総指揮:ジョセフ・カラシオロJr.
製作:ジョン・フィードラー/マーク・ターロフ
監督・脚本:ジョン・ウォーターズ
撮影:ロバート・M・スティーブンズ
美術:ビンセント・ペラニオ
音楽:ベイジル・ポールドゥリス
衣装:ヴァン・スミス
出演:キャスリーン・ターナー(ビバリー・R・サトフィン)/サム・ウォーターストン(ユージン・サトフィン,歯科医)/リッキー・レイク(ミスティ・サトフィン)/マシュー・リラード(チップ・サトフィン)/メアリー・ジョー・キャトレット(ローズマリー・アッカーマン)/ジャスティン・ウェイリン(スコッティ・バーンヒル)/パトリシア・デュノック(バーディ)/ミンク・ストール(ドッティ・ヒンクル)/パトリシア・ハースト(8番の陪審員)/スザンヌ・ソマーズ(スザンヌ・ソマーズ)/スコット・モーガン(パイク刑事)/ウォルト・マクファーソン(グレーシー刑事)/Lonnie Horsey(カール・ページェント)/John Badila(ポール・スタビンス)/Kathy Fannon(ベティ・スターナー)

*****

いやぁ、すごく面白かった。
キャスリーン・ターナー、サイコー。(←サイコとかけた訳ではない)

『ナチュラル・ボーン・キラーズ』にしてもそうなんだけど、殺人犯がヒロイン(またはヒーロー)として扱われるってのが、いまひとつ理解出来ない。
クールなんでしょうか?

「これは実話である」と、最初に出てくるんだけど、どれくらい、事実に忠実に作られているんだろう?
って、ま、そんなこと、どうでも良いか…って気にさせられる。

わたくし、ビデオはちゃんと巻き戻してから返却してます。
でも、秋に白い靴を履いちゃいけないなんて、親から習ってないです(;_;)。

『ベリー・バッド・ウェディング』PageTop『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/822-ebd698f1

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。