スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト)』

巴里の恋愛協奏曲
2003年/仏
原題:Pas sur la bouche(aka Not on the Lips)
製作:ブリュノ・ペセリ
監督:アラン・レネ
脚本:アンドレ・バルド
撮影:レナート・ベルタ
美術:ジャック・ソルニエ
衣装:ジャッキー・ブーダン
出演:サビーヌ・アゼマ(ジルベルト・ヴァランドレ)/イザベル・ナンティ(アルレット・プマイヤック)/オドレイ・トトゥ(ユゲット・ヴェルブリ)/ピエール・アルディティ(ジョルジュ・ヴァランドレ(ジルベルトの夫))/ジャリル・レスペール(シャルレ)/ダニエル・プレヴォー(ファラデル)/ダリー・コール(フォワン夫人)/ランベール・ウィルソン(エリック・トムソン(ジルベルトの前夫))/Bérangère Allaux(Une jeune fille)/Françoise Gillard(Une jeune fille)/Toinette Laquière(Une jeune fille)/Gwenaëlle Simon(Une jeune fille)/Nina Weissenberg(Une jeune fille)

*****

@DVD

モーリス・イヴァンの同名のオペレッタ(1925年)の映画化。

私、ミュージカルは、こうでなきゃ…と思う。
単純なストーリー展開。
ドタバタの後は、お約束のハッピーエンド。
オペレッタの王道。
まさしく、パリ風ミュージカル。

2時間、まったく退屈しなかったとは言えないが、十分な満足感を得た。

私は、オドレイ・トトゥ(の顔)が好きじゃない。
それだけの理由で、彼女が出ている映画に対し、辛口になる。
それが、観た後、「しまった!面白いじゃん」と声に出して言ってしまった(^^;)。
もっとも、DVD のパッケージでは、彼女の名が、キャストの一番上にあるが、実は、脇役だったからというのもあったりして…。

20年代の衣装も、きらびやかで素敵だったが、セットが良い。
特に、ファラデルの部屋。
椅子が、沢山置いてある東洋趣味の部屋、あこがれちゃう~

『ナショナル・トレジャー』PageTop『ダブリン上等!』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mihyamihya.blog2.fc2.com/tb.php/827-a4687df9

プロフィール

み

  • Author:み
  • 只今、鑑賞中。

    (エロ系や宣伝目的など、訳の分からないコメント、トラックバックは、申し訳ありませんが、こちらの判断で削除いたします。)

ブログ内検索

Amazon 内検索

Amazon から該当商品を検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。